台灣嘉義縣東石郷副瀬村富安宮に1人の日本人が奉祀されている。義愛公と神稱される明治領台初期の下級官吏森川清治郎巡査である。森川清治郎は、文久元年(1861年)神奈川縣の農家に生まれ、身長5尺1・2寸、小肥りで下顎に胸前に至る美髯を蓄えていた。酒、煙草を嗜むが昔氣質の個性謹厳にして品行方正、巧言令色の徒を卑しみ常に清廉身を持し、神仏を敬う事虔誠至極、日本内地に在りては神社仏閣は勿論の事、台灣在任の間も寺廟の門前を通る際は必ず脱帽礼拝し国泰民安を祈願した。1892年兜木ちよと結婚、翌年獨子真一出生、当時横浜監獄の看守に任じていた。1894年甲午戦争勃発、翌1895年馬關条約に依り清國は日本に台灣を割譲する。1897年、森川清治郎は36歳の折単身渡台、同年五月巡査を拝命、宮尾邦太郎麾下に配属し、大埔林(現大林)、打猫(現民雄)、新港派出所を轉じて鰲鼓派出所に到り、1900年日本内地より妻子を招いた。鰲鼓派出所は木造台灣瓦葺きの平家建て三軒屋の中央部の一軒で、僅か4坪半左右の廣さしかなく、公務机・書類棚を置いて残る1坪半の空間が宿舎で、台灣ござを敷いた極く粗末なものであった。当時、日本の婦女が渡台して偏壌の地に来るのは稀で珍しく、村民達は争って日本人巡査夫人の風采を観、村落は大騒動であった。間もなく隣村の副瀬派出所に転勤する。副瀬派出所は鰲鼓派出所より廣く、竹の柱に茅の屋根、表には5間程の竹垣があった。領台初期、台灣は各地で盗匪が絶えず出没して民心は非常に恐慌不安であった。加えて、環境衛生は悪劣でマラリヤ・ペスト・コレラ等伝染病が発生した。然るに頼る療法は簡朴な秘傳或は神憑の途方に過ぎない。無論教育程度は低く、英国人モンローの統計に依れば、人口4萬2千人の台南でも男子の9割は文盲であった。

  斯様な世情の下で、海に面した邊鄙な半農半漁に生計を頼る寒村副瀬の生活環境の艱苦は言に及ばず更に著しい。森川清治郎はこの實況に直面し、本来の治安維持の任務に配合して教育の普及、環境衛生の観念啓發、農業技能の改善を決意し全身全霊を傾けた。
  先ず、富安宮内の部屋を利用して塾を開き、自費で教師を雇い、文盲の村民を集め免費で読書の課程を設けた。而して嫡子真一が学齢に達したので内地より小学校の教科書を取り寄せ、村民達と共に机を並べて読書させた。勤務の傍、暇をみては教室を見廻り、日本語は自ら50音・単語・日用語を教え、時時課題を出して成績を調べ、優良者に1、2、3等を定め紙・筆・墨を賞し奨励した。若し我が子真一が1等の時は除外し次の者から賞した。後年、真一は子供心に不平で残念だったと述懐している。部落内の環境衛生の改善に対しては、村民を指導して住家四周に排水溝を掘り汚水を疏濬した。又、毎月1回村民を集めて鹽分質農地の改良法、農耕技能の更新の教導に努め、自ら鍬を執って示範し、泥まみれになってタ方遅く帰宅し、家族に「子供みたいに」と笑われる事屡屡であった。勤勉な村民には懐を割いて購入した農器具を褒美に奨励した。平常管轄區内巡視の都度深く切に村民の生活苦を體し、病臥の者には薬を、貧困の家には金子、物品を恵んで苦境を援助し、沮喪に落ちこむ失望感の村民を優しく労り、村落の振興発展を願うのだった。或る日、村民黄渓が海へ牡蠣を獲りに行き貝殻でひどく怪我をして海中で泣いているのを見付け、真ぐ様海中に入り、2キロメートル余りある家まで背負い介抱した。後に当の本人よりも森川清治郎の方が大怪我をした事を村民は知り、今更ながら其の誠実さに感泣した。

  1901年(明治34年)は、以後数年間、台灣南部一帯を稀有の大旱魃に導いた最初の年である。次いで1902年は降雨更になく、旱魃は益々度を加 えた。且つ又凶年故に匪賊が横行し、その掃蕩に部内の壮丁は出役を命ぜられ、更に重苦しい日が続いた。その年の暮の事であった。寒氣は前年と変らず厳しく、部内の貧乏人は蒼穹と飢餓の渦巻きの中に年を越さねばならぬ有様であった。併し比較的富裕な階級では越年の準備は整 い、派出所に歳暮の禮として餅やその他の贈物を届けるのも居た。新年も押し迫った或る日、森川清治郎は部内の甲長等を派出所に集め、歳暮の贈物の禮を述べた後、威容を改めて次の如く語った。「皆さん、御覧の通り私は政府の一官吏として薄給ながら生活に困らぬだけの俸給を頂いている。お蔭で斯んな凶年でも食うに困ることはない。然るに尚又皆さんから年末だとて種種の結構な物を頂いたと言うことは身に過ぎるものである。併し翻って部落民の生活の有様を見ると、打ち続く匪乱と兇作の為に生活の困難其の極みに達して、勿論新年を迎えると言って子供等の世話が出来るでなし、餅を作って祝うと言う様なこと等夢想も出来ない状態である。幸い私は此處に皆さんから頂いた澤山の餅や禮物があるから、これを皆様の諒解の下に貧しい部落民に分け與えて、共に新年の慶びを分ち合いたいと思う。折角贈ってくれた皆さんの厚意に背くことがない様に前以て諒解を得たい」。その為部落の人達は貧しいながらも森川清治郎の厚意によって、感謝に満ちた温い新年を迎え得た。斯様な慈父の如き篤行は枚挙に遑がない。当時、語言、習慣の異る環境條件の下、且つ又一般に植民地の人々に好感を持たれぬ異民族の下級官吏が任務執行に伴う困難は想像するに余りある。併し、剛直な愛の執著と、小我を殺して村人と苦楽を共にする不退転の熱誠は終に互いを隔離する厚い障壁を破り、因つて全體村民の敬重と愛戴を得たのである。1902年、台湾総督府は漁業税の賦課を実施、沿海で漁をする小さな竹筏にも税を課した。現今と異り、昔時の警察官は税金の督促も職務の中であった。海岸の僻村副瀬では半農半漁に頼って生活するだけでも精一杯、海に近い農地は潮風に吹かれ海水の浸蝕で痩せ、竹丸太の下は地獄の小さな竹筏で獲れるのは安價な賎魚に過ぎず、村民の3食は千切り干し芋や芋の葉を主にした粗雑な農作物で糊口を凌ぐ現状故、竹筏に課せられる漁業税は苛斂誅求である。村民達は、敬愛し信頼惜しまぬ森川清治郎巡査に上層へ税賦減免の嘆願を依頼した。部落民から嘆願陳情の依頼を受けた後、一週間程派出所に森川清治郎の姿を見なかった。森川清治郎は、この間、一通りならぬ苦心を拂って各部民の財政を詳細に調査していた。無論納税は国民の義務だが、切実に村民の生活苦を瞭解している森川清治郎は現地の窮状を一部始終上司の東石港支廳長園部警部に上申した。が、村民の納税抗拒を煽動していると支廳長の逆鱗に触れ、戒告処分を受けた。4月5日、定期召集日であった。定期召集から、その日の午後5時頃帰って来た森川清治郎は部民に對して悲痛な面持ちで語った。「税金の事に就いては、自分のカではもうどうすることも出来ない。卻って支廳長より訓戒を受け、同僚に對しても真に面目がない。皆も苦しいだろうが、右の様な事情だから国の為と思って快く税金を納めてくれ、私からもお願いする」。語尾は怪しくふるえ、泣いて湧き上がる涙を部民に見せまいとして背を向け、宿舎に帰った。部民達は森川清治郎の悲壮な顔付きや涙を見て、何かしら不吉な予感に打たれ、非常に心痛してその夜は、壮丁5名で森川清治郎に氣付かれぬ様に宿舎の外から見張りした位であった。

  常常、村民と苦楽を共に分ち合い、忠實に皇民化の職務の遂行に徹した森川清治郎の失落感は深い。

  4月7日朝、珍しく村落警邏に出る際、森川清治郎は弾薬2発(自盡後弾薬がまだ1發残っていたものと思う)を準備して、派出所を出発しようとした。森川清治郎が銃を肩にしているのを目敏く見つけた夫人は、「銃を何故携帯しますか」と、取り上げようとすると、「村落警邏の規定として銃器の携帯は止むを得ぬではないか」とて強いて夫人の意見を卻けて出た。それから間もない午前9時頃、副瀬派出所部内港西南にある慶福宮から朝の静寂を劈いて1発の銃聲が虚空に響いた。突如の銃聲に驚愕と不安を抱いて廟に駆けこんだ廟守の王棍は、常日頃父の如く慕っている森川清治郎が廟の南側に敷いた扉の上に仰向けに倒れているのを目の當たりにした。傍には咽喉を撃ち貫いた村田銃が冷たく光っている。突然の衝撃に王棍は茫然自失に立ちすくんだ。続いて駆け寄って来た村人達は、慈父の様に愛してくれた森川清治郎の屍體を見て聲をあげて慟哭した。だが屍體には近寄らなかった。後で、官憲に「お前達が殺したのだろう」と、嫌疑をかけられるのを恐れたのである。この様な本能にも近い強迫観念は、過去に幾多の政権の苛政を嘗めてきた植民地の人民としての無理からぬ悲哀である。やがて、悲しみから吾に返った村民達は日本官憲の追求を避ける為、家に驅け戻って家財をまとめ、逃亡の準備を始め村内は大騒動となった。時は丁度舊暦3月、来る媽祖誕辰(舊暦3月23日)の大祭を迎える為副瀬の部落は多くの人出で賑っていた。午前10時頃、真先に王棍が副瀬派出所に飛びこんできた。この悲報に接した村民2、30名は不意の驚愕に襲われる複雑な心情で森川夫人に隨いて慶福宮に駆けつけた。まもなく東石港支廳から倉皇と急ぎ驅けてきた園部警部と同僚3、4名は現場の檢視をした。園部警部が遺品を點檢している際、ポケットから一枚の名刺が出てきたが、それには「疑われては辯解の術もない、覚悟する」の意味が書き付けられていた。この後、森川夫人がかけてきて「もう大丈夫だから皆寄ってきなさい」の涙聲に、村民は森川清治郎の遺體にしがみつき咽した。港に傳わる祖父の代からの語り草である。午後3時、慶福宮の西北110メートルの廣場で愁傷に咽ぶ村民の萬斛の涙と同僚の哀悼の中、告別式を行い、その場で荼毘に付した。翌日、東石港支廳全員に部落民が参列して警察葬を舉行し、骨を富安宮の東南に在る公共墓地に安葬した。かくして森川清治郎は身を捨ててまで愛した生前綏撫の地の土と化した。享年42歳、遺子真一は僅か10歳であった。

  光陰矢の如し、20年が過ぎた1923年2月5日、副瀬鄰接の港に脳炎が發生し、疫情は激しく、傳染を恐れて恐惶措くあたわぬ2月7日夜半、副瀬村の保正李九の夢枕に森川清治郎が現われ、身に警察の制服制帽を著し、火を點した警察提燈を手に、顔は慈祥にして生きているが如く門口に立ち、「鄰村港は今悪疫が蔓延している。全村の環境衛生及び各家庭も飲食衛生に注意する様に。然れば村は平穏無事になろう」と告げて消え去った。李九は目が醒め、直ちに全村に森川清治郎の言傳を通達した。村人は、民を愛する森川清治郎が死して後猶寄せる關愛の情に感じ、互いに戒め合い傳染の難を免れた。感激の極みに、村人は協議して敦く名工周啓元(朴子媽祖廟前の彫刻師)を聘し、高さ1尺8寸の警察制服制帽を著した座像を精彫して義愛公と神稱し、五府千歳と共に富安宮に供奉し、永久に村の守護として奉祀した。又その成道の日舊暦4月8日を大祭の日と定め、毎年盛大な祭典を舉行して子子孫孫永遠に遺徳を顯彰し、線香は舞うが如く火は絶えない。

ネッテラー ウィリアムヒル ピナクルスポーツ bet365 ブックメーカー